仲良く結婚準備をするために心がけること

結婚をしたいと思える相手に巡り合った時こそが、結婚のタイミングともいえます。
結婚は適齢期になったからするというよりも、この人と絶対に結婚したいと思える相手に巡り合った時のほうが幸せになりやすいからです。
結婚することが決まれば、結婚準備を進めていくようになりますが、今まで恋愛中には一度も喧嘩をしたことがなかった二人でも、結婚準備でもめて喧嘩になってしまうことがあります。
ここで喧嘩をしてしまえば、険悪な状態のまま結婚生活をスタートさせることになりますし、最悪の場合は喧嘩別れをしてしまい、婚約破棄になってしまうこともあるので仲良く準備を進めていかなくてはなりません。
恋愛中に仲良くできていたのですから、些細なことで喧嘩をしないように心がけることがあります。
結婚準備を進めていくうえで大事なのは、二人が協力をして行っていかなくてはならないという点です。
どちらか一人に負担がかかっていれば不満が出てくるのは当然ですし、頑張って準備を進めても相手は不満ばかりを口にしてくるとなれば、やる気もなくなります。
喧嘩にならない為には、何をどれだけすることがあり、どう負担をしていくかを事前に役割分担を決めておくといいでしょう。
役割分担を決める事によって自分がしなくてはならないことをこなしていけばいいですので、お互いが準備をしやすくなります。
役割分担が決まれば、何月何日までに準備をしましょうという期限を決めておくといいでしょう。
もしも期限を決めていなければ、いつまでたっても準備を進めていない相手にイライラすることになりますので、必ずこの日までにするという期限を決めておけば守りやすくなります。
お互いに準備がどのくらい進んでいるのかも把握しておきたいですので、期限までに数回は進歩状況の確認をしてみるといいでしょう。
もしも間に合いそうにないのであれば、どちらかがフォローをして助けていく事もできるかもしれませんし、役割の調整もしていく事が出来ます。
期限ぎりぎりになって、まだ全然できていないから手伝ってと言われても困ることになりますが、途中で確認をしながら進めていけば期限にも間に合わせやすくなるでしょう。
恋愛は結婚が決まればそこで終わりというわけではありません。
結婚後も夫婦として恋愛をしていく事ができれば、浮気などの心配も少なくなりますので、これからの人生もお互いのことを大事に思うためにも、結婚準備で無駄な喧嘩をしないようにしましょう。

お互いが協力して式場を探すのが理想

恋愛の末にプロポーズを成功させたカップルにとって、次に待ちわびているイベントが、結婚式でしょう。
結婚式と聞くと華やかな舞台のはずですが、そこに至るまでに、カップルには数々の試練があるイベントでもあるのです。
このイベントをうまく乗り切らないと、楽しかった恋愛のはずが、破局へとつながってしまうこともあるので注意が必要です。

結婚準備でまず行うのが、式場探しです。
2人で結婚式場を仲良く探すはずが、ここで女性側が不満を持つケースが多いのです。
その不満というのが、式場選びを男性が女性に一任してくるということです。
男性側の考えだと、結婚式というのは、女性の思いを形にする場所という意識が強いのです。
そのためどこで式を挙げるのかという段階から、女性の意思を尊重させようと思う方も多くいます。
ですが女性に一任するという考えが、恋愛でうまくいっていたのに、自分と結婚するのが嫌なのでは?と女性に誤解を与えてしまう可能性もあるのです。
もし誤解を与えてしまうと、恋愛時代が一番よかったという気持ちにずれが生じたまま、結婚することになるかもしれません。

2人の気持ちにずれが生じないためにも、結婚準備は女性だけに任せずに、2人で協力して行うのが理想です。
そこで女性は男性に協力してもらいやすい環境を整えてあげることも大切です。
男性の中には、結婚準備を手伝いたいものの、何を手伝ったらいいのかわからないという方も多いのです。
そこで漠然と手伝いをお願いするのではなく、明確な選択肢を作ったうえで、手伝ってもらうようにしましょう。

男性が手伝いやすい環境を整えるために、まずは式場に関する資料を集めることが大切です。
その式場の中から、2つずつの資料を見せて、どちらがいいか選んでもらうのも1つの手です。
無数にある選択肢の中からだと迷ってしまうとしても、選択肢を2つにして協力を仰げば、男性側に手伝いやすい環境を整えることにつながります。

また男性の得意分野を活かして、協力してもらうのも1つの手です。
例えば鉄道分野に詳しい男性なら、結婚式をやる場所までの交通機関を考慮して、式を挙げる場所の候補を選んでもらう方法もあります。
女性が1人で結婚準備を進めると、マリッジブルーに陥ってしまうなど、楽しみにする結婚に不安を抱えることになってしまいます。
そのようなことを防ぐためにも、2人で結婚準備を行って、万全の状態で結婚式を迎えられるようにしましょう。

幸せなはずが…結婚準備中にうつになる人、増えてます

人生で一番幸せな時期と言っても過言ではないのが結婚準備をしている時期ではないでしょうか・でもそんな一番幸せともいえる時期に恋愛関係にひびがはいったりうつになってしまう人が続出しているんです。
なぜ恋愛が最も盛り上がっている時期の結婚準備で恋愛関係が上手くいかなくなったり精神的に病んでしまう人がいるのでしょうか。
それは結婚の準備には非常に色々な雑務をこなさなければなりませんし、お互いの価値観の相違を目の当たりにしてしまうことがあるからです。

恋愛関係にあるときには相手の良いところしか見えないですし少しくらい気になっても目をつむってしまうことが多々あります。
でも結婚となるとそうはいきませんし結婚の準備をしていると結婚式のための招待者を誰にするかや席順でもめたり、お互いの親に挨拶に行くときに嫌な思いをすることも少なくありません。
他人同士が結婚をするのですから価値観が違うのは当たり前ですが、結婚の準備では限られた期間の中で色々なことをこなさなければならず、自分の考えと相手の考えの差が埋まらずに苦しむケースもあります。

うつ状態になってしまう人は元来まじめな人が多く、親や友人にも良くしてあげたい、自分の理想も叶えたい、相手にも嫌われたくないといった理想のはざまで揺れ動く傾向にあります。
しかしもともとは他人ですしどこまで行っても相手や相手の親を自分の思うとおりにすることは不可能です。
なんでわかってくれないの?と考えたところで違う親に育てられて全く異なる環境で育ってきた藍でですので自分の全てを理解してもらおうとするのは難しいのです。

それでは結婚準備をどのように進めていったらうつにならずに済むのでしょうか。
それは悪く言えば妥協よく言えばポジティブに考えて多少の事は目をつむることです。
結婚してからは更にいろいろ気になる点が出てくるのは多くのカップルが経験することです。
結婚式や披露宴の準備をしていたり新婚旅行などについての準備をしたり実行するには非常に多くの時間やお金を要します。
そのためこんなに時間やお金をかけるのだから、と真剣になりすぎてしまいがちですが肩の力を抜いてリラックスして事を運ぶようにしてみましょう。
結婚式や披露宴、新婚旅行をするために結婚するのではありませんし、相手の両親に気に入られるために結婚するのでもありません。
相手を愛していてこの人とだったら幸せになれる、考えられるのであればそれで十分です。
自分を信じて頑張りすぎないように時にはプチ贅沢をして乗り切りましょう!

彼の両親顔合わせの段取りが悪くてヒヤヒヤ

恋愛関係にあった男女がお互いに「生涯の伴侶はこの人しかいない」と感じたならば、結婚へと向かいます。
そうとなったら結婚式はどうしようか、新婚旅行はどこに行こうか、新居は、と結婚準備に関して考える事は山積みです。
ですが、その前にやらなくてはならない大きな大きな関門があります。
それは両家の顔合わせです。
恋愛関係にあった頃からお互いの両親には紹介していた、という場合もあるでしょうが、その場合でもお互いの両親同士も既に顔を合わせているというケースは多くは無いでしょう。
結婚は勿論当事者二人の意思が一番大事ですが、恋愛と違って二人だけの問題ではありません。
お互いの家族が親戚になるという意味も持ちます。
そのため、結婚を決めた男女が必ず乗り越えなければならないのが両家の顔合わせという関門なのです。
世間では、男性側の家族が女性側へと出向くという場合が多いようですが、自宅で行うのは気を遣うため、ホテルやレストランで行う事も多々あります。
結婚が決まった二人は早く顔合わせを済ませて、結婚式などの結婚準備に取り掛かりたいでしょう。
いつにしようか、場所はどこにしようか、と二人は色々すぐにでも決めたいはずです。
この場合でも主導権を握るのは多くは男性側の両親ですが、すぐに日時や場所を決めて段取りを整えてくれるようであれば何の問題もありません。
困るのが、のんびりしているのか面倒臭いのか分かりませんが、なかなか段取りをつけてくれようとしない場合です。
お互いの家族の予定もあるし、早く日時だけでも提示してくれたら良いのに、と困る女性は少なくありません。
その場合は、男性側から段取りをつけてもらう事をきっぱり諦めましょう。
ここで段取りをつけてもらう事をいつまでも待っているのは時間の無駄です。
女性側から日時や、顔合わせの場所、自宅外であればホテルやレストランの候補まで見つけて男性側に提示しましょう。
段取りが悪い家族がするよりきっとその方が問題も無く進みますし、何より女性のストレスもありません。
男性側も段取りをしてくれて助かったと思うことでしょう。
結婚は恋愛と違って、お互いの両親や家族、親戚まで関わって来ることに難しさもあります。
ですが大好きな人と結婚してこれから家庭を築いていくわけですから、最初の関門である顔合わせでくじける訳にはいきません。
結婚の先には幸せな事だけではなく、困難な事もたくさん待ち受けています。
そんな時はこのように自分からどんどん主導権を握って立ち向かって行きましょう。

相手の親の口出しがうるさい!舅・姑との戦争

結婚をした後は、お互いに一つ屋根の下で生活することになります。
夫婦だけの新居を構える人もいれば、両親と同居する人もいるでしょう。
その場合、相手の親が細かなことに口出しすることがよくありますね。
ドラマなどでも、姑が嫁に嫌味や小言などを言うシーンが多いです。
ドラマなどでは、既に結婚している夫婦の嫁と姑が論争を交わしているシーンがよく見られますが、現実には結婚準備の段階で口出しする舅や姑もいます。
付き合い始めて間もない頃は、かなり恋愛に浸っているため、結婚に関する話をするとポジティブな話題ばかりになることが多いです。
素敵なウェディングドレスを着ることや、オシャレなチャペルで挙式をすることなどを話し合いながら過ごします。
しかし、恋愛関係もだいぶ落ち着いてくると、もっと具体的な形で結婚式のことを考えるようになるでしょう。
披露宴に招待する人や引き出物のことなどを決めることになります。
新郎新婦で話し合って決めるのがいいですが、舅や姑が口出ししてきてうるさいことも少なくありません。
彼氏との恋愛は上手く行っていても、いざ結婚するとなると、相手の両親との関係が上手く行かなくて困る人が多いです。
しかし、結婚準備の段階で舅や姑に嫌われることはできるだけ避けた方が無難です。
特に新婦が相手の親に対して反抗的な態度をとると、今後長期間にわたって険悪な関係になってしまうこともあります。
少しうるさいと感じていても、結婚準備の段階では、舅や姑に従う素振りを見せておくのが賢明でしょう。
結婚準備の段階で舅や姑と言い合ってしまうような場合には、結婚後も頻繁に激しい論争を繰り広げることになります。
なるべく平和に過ごしたいのであれば、あまり争う姿勢は見せない方が賢明でしょう。
どうしても、意見が合わない場合には、新郎を通じて伝えるのがいいです。
新郎にとっては実の両親であるため、不満などを伝えるのは特に難しいことではありません。
そして、結婚準備をしている最中には、舅や姑と顔を合わせる機会が多いですが、意見が食い違う場合でも、挨拶を欠かさないようにすることが大切です。
多少意見の食い違いがあっても、笑顔で挨拶をする人であれば、それほど嫌われません。
息子が大恋愛の末に結婚を決めた相手ということで、意見を尊重してもらえることもあります。
結婚後も舅や姑と良好な関係を保って行くためには、結婚準備のときのやり取りが特に大事なのです。

彼女の親に気に入ってもらえるための挨拶

彼女と付き合い始めて、早いものでもう2年ちょっと。
正直、自分自身の恋愛は短いものが多く、
ここまで長く付き合った彼女は初めてでした。
彼女とはいずれ結婚したいな、という気持ちで
付き合い始めたので、もちろん、いつまでも一緒にいたいという気持ちはあります。
そう考えると、ゆくゆくは結婚…という事も念頭に入れなきゃいけないと感じてます。

恋愛と結婚はまるで別物、と謳っている人は多くいますが、果たしてどんな風に違うのか。
今の自分にはピンときてません。
正直、恋愛の延長で存在するのが結婚だと思ってますから。
もしそうなったとしたら、相手の親にしっかりとご挨拶したりしなきゃいけないんだろうなぁ…
と思うと、若干気がひけますが。
でも、結婚してる人ってみんなそうしてるんですよね。
自分だけそんな都合のいいようにできるわけないので、
いずれは自分も、その時には気合いを入れなければ。

そして先日、同棲するためのご挨拶をしに彼女の実家まで訪ねてきました。
本腰入れて彼女と長く一緒に入れる環境を整えようと、彼女と相談した結果、
一緒に住むことになりました。
自分にとっては結婚準備の第一歩なんですがね。
しかし、勝手に段取りを組むのもまずいと思ったので、まずは彼女のご両親に許可を得なければ。

それまで何度か彼女のご両親に会ったことはありますが、初めて会った時と同じような緊張感が走りました。
恋愛中に一緒に住むという感覚が許されるのか、理解して許可してくれるかどうか不安だったからです。
後日談ですが、自分の両親に同性の報告をしたときには、「一緒に住むなら籍入れるのが普通じゃないのか?」と
言われたくらいなので。

初めて会った時には、とにかく元気に明るく接することに徹しました。
何事も最初が肝心なので、彼女の実家の敷居をまたぐ瞬間に、大きな声で「こんにちは、はじめまして」と
挨拶したのを昨日のように覚えています。
その後、食事に連れて行ってもらったのですが、
そこでも出されたものをモリモリ残さず食べたのが好印象だったようで。
(実際は緊張して吐き気がしてたくらい)
なので、一緒に住ませて下さい、と挨拶に行った時にはすんなりと
「もう社会人なんだから、大丈夫でしょ」と許可を頂きました。

一番大きな結婚準備がこれでOKになったな…というのが正直なところでしたが、
最初の挨拶に行った時の印象が、一番効果的だったのかな?という実感しています。
元気の良さというのは、どんな場面でも大事なんですね。

ライバルがいたって関係ない!ありのままの自分を好きになってもらおう

恋愛においてライバルの存在は脅威です。
同じ人を好きになったことでお互いの状況を知りたがったり、ライバルの出方を窺った経験がある人も多いのではないでしょうか。
そもそも、好意を寄せている相手はあなたやそのライバルの中から恋愛対象者を選ばなきゃいけない理由はないのです。
そこを見失っていると損をしてしまいます。

ライバルが多数存在していたとしても、あなたを好きになってもらわなければ恋愛を始めることはできません。
ライバルに対抗していても意味がないのです。
まずは自分らしさをアピールすることから始めて下さい。
自分らしさというのは、素の自分をさらけ出すということではありません。
例えば、好意を寄せている相手に合わせて、好きでもないものを好きと言ってみたりするようなことはやめるということです。
そのような自分を好きになってもらったとしても長続きすることはありません。
恋愛において自分らしさを失った相手とは時間の経過と共に息苦しさを感じるようになります。

苦手なものは苦手で良いのです。
好きじゃないものまで好きになる必要はありません。
あなたは好意を持っている相手とは違うのですから、同じものを好きになることはないのです。
女性に多いのですが、好意を寄せている男性に好かれようとするあまり、相手の好みに寄せていく人がいますが、実際そのような女性は男性にとって都合の良い存在ではあるものの、彼女にしたい存在ではないのです。

自分の世界をしっかり持ち、ブレない姿に異性は魅力を感じます。
例え、ライバルがそのような行動をとっていたとしても感化されてしまえば、その他大勢と同じなのです。
自分らしく振る舞うことが印象を残すことができます。
多数から好意を寄せられるということは、その人自身にかなり魅力があるのでしょう。
その為、周囲より近付きたいと焦ってしまいますが、焦ったところであなたを選ぶ可能性はどれぐらいなのでしょうか。
モテる人間を好きになるということは、それだけ敵も多いわけですし、実際にその他大勢の一人にその人が振り向く可能性とはどのくらいなのでしょう。

恋愛は誰かを蹴落として始めなければいけないものではありません。
自ら進んでするものではなく落ちるものと言われるように、お互いに惹かれあえば必然的にスタートします。
周囲に惑わされて取り繕って近づいたとしても恋愛がスタートするとは限りません。
自分らしく存在し続けることが大切なのです。

ライバルよりも会う回数を増やすだけで勝率アップ!?

いわゆる美男美女の方々は本当にモテモテです。
異性から好かれる要素がとても多く、またイケメンや美人の人々は外見だけが良い等と世間一般ではよく言われていますが、実は内面も素敵な事が多いです。
そのため、本当に職場や学校内の美男美女の人々は競争率が高めです。
恋愛のライバルがとても多く、憧れの同級生や同僚、あるいは先輩にアタックしたいと思っていても、ライバルが多すぎて、きっと自分には高嶺の花なのだろう、と最初から諦めてしまいます。

確かに恋愛において、ライバルの数が多いことは大きなでマイナス要素です。
しかし、マイナス要素が多い程、恋愛は燃えるものです。
また美男美女とごく普通な自分が釣り合わないのでは、というネガティブな思考はやめましょう。
美男美女だから異性についても、美貌を求めるとは限りません。
事実として、イケメンの若手社長がごく一般的なOLの方と結婚したり、美人女優の方が少し変わった雰囲気のお笑い芸人の方と結婚するなど、俗にいうところの美女と野獣的なカップルは世の中には少なくありません。

ただし、学内や職場に恋愛のライバルがとても多いと、いくら陰ながら憧れを抱いても、なかなか恋愛成就のチャンスは訪れません。
ライバルが多い美男美女にアタックしたい、親密な関係になりたいと思っている方は戦略を練りましょう。
恋愛もスポーツのように作戦が大事です。
例えば、ライバルよりも会う回数を増やすだけで勝率がアップするテクニックがあります。

人は日常的に会う人物に対して、無意識的に好意を抱く、という心理現象を持っています。
そのため、普段から学内や職場で自然な形であいさつを交わしたり、特に用事がなくても雑談を持ちかけるようにすれば、ナチュラルな雰囲気で意中の相手にPRしていけます。
親しみを感じる異性が、毎日笑顔で接してくれる、このシチュエーションを上手く作り出せば、恋愛の勝率はグーンとアップします。

ポイントはあくまで自然体でする事です。
単純に毎日会うだけでも効果がありますので、無理にデートに誘ったり、突然連絡先を聞き出すよりも、違和感なく相手に好印象を与えられます。
がつがつしたイメージが付かない、という利点もあります。
他の人々ががつがつした姿勢でアプローチをかけている中、自分だけがただ毎日自然体で会い、雑談を交わす程度、しかし会う回数はしっかりと増やす、という作戦を続けていれば、無意識的に自分の存在をポジティブにアピール出来ます。

ライバルを意識すればするほど失敗する!無視が一番な理由

恋愛に発展しそうな雰囲気がある時に気になるのがライバルの動向です。
特に合コンやサークル内での人間関係の中で生まれる恋など複数人がかかわっているような場合、すべてが一対一になるわけではなく、誰か特定の人を複数の異性が気にしているという事は起こり得ます。
もし今後深く付き合っていくという形になる場合、その複数の中から一人を選んでもらう必要があります。
自分を選んでもらいたいというときには、アピールが必要だと考える方も多いことでしょう。
しかし、あまりライバルを意識しすぎてしまうと、アピールに逆効果となることもあります。
まず、ライバルを蹴落とそうとするあまり、悪口を言ってしまうことがあります。
人の悪口を言っているという姿はあまり魅力的なものではありませんし、恋愛の相手を嫌な気分にさせてしまう事もあります。
そういった状態で自分が選ばれるとは思いにくいでしょう。
もちろん積極的に悪口を言おうとしているわけではないことも多いものです。
それでも、意識ししすぎてしまうとついうっかり態度に出てしまったり、何気ないことでもいやらしい言い方になってしまうことがあります。
そういった姿を異性に見られてしまうという失敗は避けたいものですから、争いという意識ではなく、自分自身の魅力をアピールしていくという事を中心にしていきたいものです。
さらに、自分は気にしていなくても、あなたをライバルとみなした相手が攻撃してくることもあります。
場合によっては言われない誹謗中傷をされることもあるでしょう。
しかしそれに乗っかってしまい、あなたも相手を非難することとなると、あなた自身もトラブルメーカーであると周りからは見られてしまいます。
恋愛対象として考えている人にも良い印象を残すことができるはずがありません。
対処法としては、基本的には無視することが一番です。
根も葉もないことであればじきにそれが分かることもあります。
また、相手にしないことで争いに巻き込まれることはなく、人を蹴落とすという姿勢を見せないことでのメリットも大きいものです。
恋愛というとどうしても感情的になってしまう事でもあります。
しかし、そのような時こそ意識して、ライバルの挑発に乗らないようにするということが肝心です。
巻き込まれてののりし合うようなことだけは避けなくてはなりません。
相手を蹴落とすのではなく自分らしいアピールで好感度を上げていくという事を意識していきましょう。

好きな人の本命に選ばれるには?ライバルを出し抜く方法

好きな人がいる時、自分と同じように恋愛感情を持っている人が他にいたらあなたはどうしますか?諦めてしまうのか、それともライバルを出し抜いて本命に選ばれるのか、どちらかは人それぞれですがせっかくなら好きな人と結ばれたいというのが本音ではないでしょうか。
どうすれば本命に選ばれるのか?このひとつに集中しすぎてしまうことは、逆効果でもあります。
それは恋愛では前のめりになる状態は良い結果を生まないからです。
前のめりの状態とは、一生懸命なことや頑張って努力していることとは違います。
好きな人のことばかり見ていることで、自分の立ち位置や周囲からどう思われているかに気づけなくなってしまっている状態のことを言います。
これの何が逆効果になるかというと、好きな人の目線にはあなた以外にも周囲の人も見えています。
その周囲の人があなたをどのように見ているか、それもわかってしまうのです。
つまり好きな人にはただ周りがよく見えていない人と理解されてしまうので、逆効果になるのです。
またその状態でライバルが冷静な行動をとっていたら、恋愛の場面ではリードされてしまいます。
そのためライバルを出し抜くには、恋愛では一歩下がって状況を判断することが重要なポイントになります。
自分と好きな人の関わりだけでは見えてこない部分もたくさんあるため、冷静に判断や分析をすることも大切です。
ライバルがどんな行動を起こしているのか、またその結果はどうなのか焦らずに観察することで見えてくることもあります。
そこから自分がどのように行動するのが効果的なのかを探っていくと、本命に選ばれる可能性が高くなります。
ですがここで気をつけたいのが、慎重になりすぎるとライバルに出し抜かれる可能性もあるという点です。
何も行動を起こさずに様子だけ見ていると、自分の存在がかすんでしまいます。
そのため好きな人に注目される努力だけは続けなければいけないということになります。
好きな人に注目されるには、まずは自分磨きです。
自分磨きで大切なのはあくまで好きな人の好みに合わせていくことです。
他にも好きな人だけを見ていることを忘れさせないために、異性との付き合い方には気をつけなければなりません。
ライバルに負けたくないという気持ちが強くなってしまわないように、自分の恋愛感情を大切にしながら行動していくことも忘れてはいけません。
その気持ちが好きな人に伝わるように、できることは後悔せずにやってみることが大切です。