片思い成功の秘訣はイメージトレーニング!?

恋愛は意外と頭を使うものです。
特に片思い中の時は相手とどう距離を縮めるかは悩みどころです。
もちろん好きな人のことを考えるだけで幸せな気持ちになったりと、どちらかというとウキウキとした気分の方が大きいかもしれませんが、なかなか思いを伝えるまでに至らずにモヤモヤとすることも多いでしょう。
その原因の一つには自分に自信がないというものもあるかもしれません。
いざ告白しようと思っても、失敗に終わるイメージばかり浮かんでしまうという人も多いのではないかと思います。
私もものすごく好きな相手がいましたが、思いを伝えようとすると悪いことばかり考えてしまい踏み切れませんでした。
そこでどうしたら恋愛が成功するのか、その秘訣について色々と調べてみたのです。
すると気になったのがイメージトレーニングでした。
片思いの相手を思い浮かべて自分と向き合うことを想像し、少しずつ相手との距離を縮めて触れてみたり抱きしめてみたりするのです。
そしてそれを相手にもしてもらうのですが、その時は自分が相手に乗り移って自分のどこが好きかを勝手にイメージするというものでした。
今振り返るとかなりおかしな妄想の世界だなと思います。
初めて実践した時も妄想する自分を客観的に見てしまい途中で断念したのを覚えています。
でも諦めずに繰り返しこのイメージトレーニングをすると、少しずつ恋愛に自信が持てるようになり不思議と片思いの相手との接し方も変に意識することなく自然に、かつ好意を持ってもらえるような振る舞いが出来るようになるのです。
常に片思いの相手とのポジティブな関係をイメージトレーニングすることで、必要以上に緊張してしまうのを防ぐことが出来るため2人きりで話す機会がある時もすんなりと楽しく会話が続くのです。
自分が自信を持てるようになると、程よく積極的に接することも多くなり相手との距離は現実でも近付いて行きます。
相手も少しずつ自分のことを意識しているのが分かって来たら、そろそろ本当に告白する準備に入りましょう。
イメージトレーニングで思い描いた好きな人との恋愛が成就する瞬間は、きっともうすぐ実現するはずです。
ちなみに私の場合は告白の成功ではなく、なんと相手の方から好きだと言ってもらえたのです。
これも全てはイメージトレーニングで少しずつ相手との距離を縮め、現実での接し方も自然に出来たおかげなのではと思っています。
何だか嘘のよう話ですが、やってみると想像以上に効力を発揮してくれる可能性がありお勧めです。

離婚後の親権はなぜ母親が勝ち取りやすいのか

男女が出会い、恋愛感情を持ち、結婚したとしても、離婚してしまう夫婦が多く見られます。
中には恋愛感情を持ちながらも、その他の理由で恋愛感情を持ったまま分かれてしまう夫婦もいるでしょう。
その際に夫婦だけの場合には、お互いに別れればそれですむものです。
しかし子供がいればスムーズにはいかないでしょう。
お互いの恋愛感情の末に生まれた子供たちは、離婚の際には、どちらかが親権を持ち、引き取る必要があります。
しかし離婚した家庭の子供の親権の8割は、母親が取ると言われています。
そして裁判で争われた際にも、母親が勝ち取りやすいと言われています。
その理由にはどのようなことが挙げられるのでしょうか。
父親の8割が子供を引き取れない理由としては、父親がフルタイムで仕事をしていることが多く、子供の面倒が見られないということが一番に挙げられます。
6歳以下の子供の場合には保育園に、そして6歳以上の子供は、学校が終わった後に学童に預けたり、民間の保育施設に預けるしか方法はありません。
その際の保育料は、もし仕事が定時に終わったとしても月に5万円、もしも残業が多い仕事についていて、頻繁に残業があり仕事が終わるのが7時や8時となると、保育料は10万円に達することも多く見られます。
そしてたとえ休日でも、育児の経験があまりないので、面倒を見るのも大変な状況になるでしょう。
子供が物心がついている年齢であれば、本人の気持ちを尊重するのが一番です。
そうなると子供は普段から、長い時間母親と接しているので、母親を選ぶことが多く見られます。
そして離婚の際に、たとえ父親が子供を引き取りたいと思っていても、ほとんどの親権を母親が持つということを知っているがために、最初からあきらめてしまう父親も多いのです。
そして離婚に至るまでに、すでに別居して、母親と子供だけが生活しているケースも多く見られます。
同居をしている状態で離婚の話をすることは、精神的に耐えられないので、まず先に別居するケースが多く見られます。
冷却期間をおくために別居したり、すでに別れることを前提というケースもありますが、一度母親と出て行ってしまった子供を自分のもとにつれ戻すことは困難といえます。
また父親が親権を持ち、母親から養育費をもらうのは困難といえます。
つまり父親は自分の収入だけで、やりくりしていかなければなりません。
父親の親権を持つケースとしては、母親が子供をおいて出ていった場合がほとんどです。
母親が逃げ込む先は、実家や浮気相手のもとで、子供を置いて逃げる母親の場合には、仕事もなく、養育費も期待できないでしょう。
このような理由から、母親が子供を引き取るケースが多いとされています。

離婚したいと思ったら駆け込むべき相談相手

恋愛の最終的な局面は結婚ですが、哀しいことにすべての人が上手くいくわけではありません。
恋人同士だった時は楽しくとも、共に暮らすと無理が出てくる、別れたいと思ってしまう場合も出てきます。
ではもしも離婚したい、そう思った時にどうするのか、まずは相談したいと考えるはずです。
自分の気持ちは自分自身でしか分かりましませんが、第三者の意見を聞くことで冷静になって見つめ直すこともできますし、悩んでいる時には背中を教えてもらうこともできます。
ではこの時に誰を頼ればいいのか、自分の味方になってくれるのは家族や親友、冷静な意見を知りたい時には離婚経験者や弁護士など専門機関の人間です。
実際に経験している、さまざまなケースを見てきた人のアドバイスは今後の参考になるので、迷っている時には頼ってみるのをおすすめします。
そして大切なのは自分自身の気持ちを見つめ直すことで、恋愛感情というのは恋人だったころの激しさは日常の中で薄れていきますが、完全になくなることは少ないです。
離婚は男女のどちらもリスクを伴うので、感情の恋愛面だけではなく現実を考えることも大切になってきます。
そのためにも冷静にアドバイスをくれる相手に相談する方が安全で、自分に近い人、親身になってくれる人は甘くなりがちなので気を付けなければいけません。
夫婦のことは他人には分からないといいますが、実際に結婚をした、そして離婚を経験した場合は相談すると参考になることが多いです。
また離婚問題を専門としてきている弁護士など、専門家もおすすめになり、後悔しないようにすることが大切になってきます。
そのためにはリスクについて知ることも大事で、しっかりとシミュレーションするためにはさまざまな視点からアドバイスをもらうことが重要です。
結婚に至るまでは恋愛感情が多くを占めていて、理性が働かない状態と言えなくもありません。
それが結婚をきっかけに現実となっていく、日常に流されて少しずつ恋人だったころのときめきが失われていきます。
もしくは以前の生活の方が良かった、恋人のままの方が快適だった、そういったさまざまな問題に突き当たります。
別れるのはそれほど難しくありませんが、しっかりと考えて後悔しないようにするのは大切です。
そのためにも相談相手を選ぶこと、自分に近すぎない人の方が客観的なアドバイスをくれます。
辛辣に感じるかもしれませんが、正しく判断するためには必要になります。

不倫がからむ離婚はややこしい

結婚相手のことが嫌いになった場合には、もう一緒に暮らしたくないと思うものです。
いくら昼間は仕事に行っていて顔を合わせないとはいっても、家に帰れば顔を合わせるようになりますし、嫌でもご飯を作ったり洗濯をしなくてはなりません。
一つ一つの行動が癇に障るようになってしまえば、一緒にいない方が二人の為ですし、子供の為でもあります。
子供の為と思って離婚をとどまる人もいますが、夫婦仲の悪い親に育てられた子供は、感情が歪んでしまうこともありますので、気をつけなくてはなりません。
ただ相手のことが嫌いになって離婚する場合には、案外話はスムーズに進みやすいですが、不倫が絡んで離婚に至る場合には、いろいろとややこしいことが起きてきます。
不倫相手と恋愛関係になり、心だけではなく体の関係までに発展してしまっている場合には、許せることではないでしょう。
恋愛感情があろうが、恋愛感情がなかろうが、不倫をしたことには変わりませんので、ますます結婚相手のことが嫌になってしまいます。
不倫が絡んでいる場合には、その相手からも慰謝料をもらったり、夫からも慰謝料をもらわなくてはなりません。
相手がわかっている場合には、相手に請求することもできますが、相手がどこの誰だか白状しない場合には、相手を探し出さなくてはなりません。
自分のパートナーを寝取られたわけですからそのまま別れてくれればそれでいいと言う問題ではありません。
きちんと落とし前をつけてもらわなくてはなりませんので、慰謝料の請求は当然の事ともいえます。
どこのだれかを探し出すためには、本人に直接問いたださなくてはなりませんが、それで白状しないのであれば、探偵などを雇って見つけ出さなくてはなりませんので、話がややこしくなります。
探偵を雇うことによって費用が発生したとしても、このままその相手を野放しにしておくのは悔しいですので、お金をかけてでも探し出すことです。
そして結婚相手からも慰謝料をもらうだけではなく、きちんと謝罪をしてもらわなくてはなりません。
どんな事情があったとしても許せることではありませんので、謝罪をしてもらい、今後のことを話し合っていきましょう。
一度は恋愛関係になった相手だとはいっても、ここで情けをかけてはいけません。
情けをかけることは自分のためにもなりませんし相手の為にもならないからです。
辛い思いをすることになったとしても、離婚を決断したら全力で突き進みましょう。

離婚したら財産分与はどうなる?

恋愛が発展し結婚した後は、恋愛の時のように甘酸っぱい関係を維持することができるカップルが少なくなります。
様々な理由がありますが、その一つは毎日顔を合わせているからです。
恋愛の時のように週に一回程度しか会わない関係ではなくなっているからといったこともその理由になります。
また、恋愛と結婚の大きな違いは二人で共同生活をしていくかどうかです。
結婚する場合は二人で共同生活をしていくため様々な問題を乗り越えていかなければなりません。
よく言えば、夫婦がそれぞれ力を合わせれば、一人では乗り越えられないような悩み、問題も乗り越え易くなります。
ですが、裏を返せばそれぞれ抱える問題点も増えますのでそれが原因で夫婦仲が悪くなってしまうこともあります。
特にお金の問題や異性の問題で関係が破たんする夫婦は多いです。
離婚にまで発展した場合は、夫婦間でもっている財産をどのように分けるか、つまり財産分与が問題になります。
お金の関係は、後々大きなトラブルになる可能性がありますので、離婚した時の財産分与を明確にしておけば、将来的なトラブルを減少させることができます。
財産分与は大きく分けて3種類あります。
一つは共同でもっている財産を分けることです。
夫婦が生活するうえで購入したタンスやテレビなどはどのように分けていくかが問題になります。
これに関しては、平等に分けるのが基本です。
次に、夫婦の片方が病気や障害をもって働けない場合などは、一方に多めに財産を与える方法もあります。
これを扶養的財産分与といます。
夫婦の片方に働けないなどの特段の事情がある場合は不平等な配分になることがあります。
専業主婦の場合は、収入がないためたくさんの財産をもらえそうな感じがしますが、実際にはそのようなことはなく専業主婦であってもあるいは専業主夫であっても、もらえる金額はちょうど半分ずつになります。
これは、物理的に働けないなどの理由により専業主婦をしているのであれば別ですが、そうでない場合は、半分ずつになるとするのが一般的です。
最後は慰謝料請求がある場合にどのように分配するかが問題になります。
例えば、妻の不倫が原因で離婚することになった場合は、夫側は妻と相手方に対して慰謝料請求をすることができます。
仮にその金額が500万円で、分与するべき共通の財産が300万円あった場合、夫側が慰謝料として500万円もらったとしても、それは財産の分与とは別に考えます。
つまり、いくら慰謝料をもらっていたとしても、夫婦共同の財産は慰謝料とは別に半分ずつ、つまり150万円ずつに分けることになります。

離婚後の養育費の計算方法

大恋愛をして結婚した相手でも、結婚生活が始まると恋愛期間とは異なる相手の一面が見えたり、様々な事情を抱えた末に残念ながら離婚に至るカップルも昨今では全く珍しくはありません。
離婚は夫婦にとって大きな決断だと思いますが、さらに子供がいる場合は今後の生活のこともあり、そう簡単に決断できないという人も多いのではないでしょうか。
そして、気になるのは養育費ではないでしょうか。
実は養育費には「算出方法」があるため、事前に概算を知っておくことができます。

では、気になる計算方法ですが、公式は以下の通りです。
【1】基礎収入の計算
税込み給与×0.4
※実際は給与所得者の場合は0.34~0.42、自営業者の場合は0.47~0.52ですが、調停などの場合は試算として0.4が使われることが多いです

【2】子の生活費の計算
義務者の基礎収入×55(または90)/100+55(または90)
※子が15~20才の場合は90、その他の場合は55で計算します

【3】養育費の計算
子の生活費×義務者の基礎収入/(義務者の基礎収入+権利者の基礎収入)

公式だけを見てもピンと来ないと思うので、実際の例を見ていきたいと思います。

(例)父親の年収800万円、母親の年収200万円、子供16歳で母親が子供を引き取る場合。

【1】(父)800万×0.4=320万
(母)200万×0.4=80万

【2】320万×90/190=320万×0.47=151万5789

【3】151万5789×320万/(320万+80万)=151万5789×0.8≒ 121万2631円(年額) 

ということになります。
実際の支払いは月ごとというケースが多いと思いますが、この年額を12で割ると約10万1052円となるため、これが月額となります。

基本的に養育費の計算をする時は義務者、権利者ともに個別事情は配慮することなく、単にお互いの年収と子供の年齢だけで算出されます。
その点のルールからしても離婚はシビアということがうかがいしれます。
恋愛中であれば相手の事情を加味して寄り添っていた二人も、恋愛そして結婚関係が破たんした今、養育費の計算には個別事情は加味せずドライに計算が成されるのです。

ただし、この例では父親の年収は平均よりも高いこと、また子供の年齢が15~20才の範囲であることで算出された金額は高めとなっており、実際にはここまでの金額に達しない場合も多くありますのでご安心ください。

離婚裁判を回避!示談で解決するには

どんなに素敵な恋愛結婚をしたとしても、様々な理由によって離婚してしまうというケースはあります。
恋愛ならそこでお別れですが、結婚ではお別れでは済まず、相手方が一方的に悪い時には裁判になってしまう可能性になります。
離婚裁判になってしまうと、離婚理由が必要になったり、時間と費用がかかる、有責となってしまえば慰謝料を払う必要があるなどが考えられます。
また、恋愛では個々の財産はそのままですが、二人の共同資産があればそれを分与する必要があります。
裁判なしで離婚することは可能です。
これは夫婦で離婚に合意して、届けを役所に提出するだけで成立します。
円満に別れられれば良いのですが、子供がいる場合にはスムーズに別れるのは難しいかと思います。
示談の流れとしては、合意した後には子供がいる場合には親権の取り決めを行い、慰謝料や財産分与、養育費などの金銭の取り決めを行い、示談書の作為、届けの提出という流れになります。
ただし、DVやギャンブル癖など問題性が大きいと一刻も早く別れたい、というケースもあります。
そんな時には金銭面での条件をかなり譲歩させられてしまう可能性があります。
結婚相手に問題が大きいのに、金銭の補償もされないというのはおかしなことといえます。
しかし、相手から逃れたい一心で冷静に対処することが難しいということも多くです。
金銭面での補償ぐらいはしっかりしたい、冷静に判断できる余裕がないという場合には、弁護士に任せることをおすすめします。
弁護士に任せることによって相手方としっかり交渉することができ、裁判なく別れられることができるケースもあります。
また、相手と直接交渉しないことによって冷静に判断できる余裕も生まれる上、仕事や日常に集中できるというメリットも得られます。
示談金の相場は家庭内の状況などによって変わってきます。
示談金としては、慰謝料や財産分与、養育費も示談によって解決できます。
婚姻期間が長い時には年金分割も重要となる問題です。
不倫相手がいる場合には、慰謝料の請求や財産分与の対象となる資産の選別、住宅ローンの借金の清算など示談内容は家庭によって変わります。
金銭面は恋愛であればあまり関係のないことですが、結婚して別れるということは子供や建てた住宅、二人でためたお金など様々なことがつきまといます。
離婚後に困らないためにも示談内容はしっかりさせて、弁護士などに相談することなどが大切です。

慰謝料をがっぽりもらうための離婚テクニック

恋愛の末に至った結婚ですが、配偶者の不当な行為によって離婚を決めざるをえない場合があります。
例えば、配偶者が不倫恋愛をしていたり、DVやモラハラをしたり、理由もなくずっと家に帰ってこない、セックスレスであるなどです。
このような時、配偶者に対して慰謝料を請求したいと思うのは当然の心理でしょう。
基本的に離婚の慰謝料の相場は、100~300万円程度となっていますが、請求の仕方によっては、配偶者の不当行為に対して受けた精神的ショックに対しても正当な補償を受けることができ、高額な慰謝料をもらうことも可能です。
そのためのテクニックは客観的な証拠を用意することです。
不倫恋愛が原因の場合、配偶者もばれないように人目を避けていることから証拠が集めにくいのですが、社会一般常識から肉体関係があったことが証明できるような写真や動画を集めることが必要です。
例えば、配偶者と不倫相手がラブホテルに出入りするところや旅行先で同室で就寝したことを証明する写真や動画、肉体関係を推測できるようなメールなどがありますが、個人でこうした証拠を集めることが難しい場合は、興信所に依頼をしてみるのもよいでしょう。
また配偶者やその不倫相手が既に恋愛関係を認めているのであれば、それを書面化しておくのも一つの方法です。
次にDVやモラハラが原因の場合は、暴力によって怪我をしたときの診断書や写真、肉体的・精神的暴力を受けた日時や場所などを記録しておきましょう。
他にも配偶者が理由もなく家に帰ってこないのであれば、どこにどのくらい住んでいるのかが証明できる賃貸借契約書などが証拠となりますし、セックスレスの場合は、その悩みや就寝までの経緯を記した日記やメモなどが証拠となります。
離婚で慰謝料をがっぽりもらうためには、いかに配偶者が精神的ショックを与え続けていたかを示すことが重要ですので、このようにできる限りの証拠を集めることが大切なのです。
その上で大切なことは弁護士というプロの力を借りることです。
最初は配偶者と二人だけの話し合いで慰謝料の金額を決めようと考える方もいますが、これでは多くもらえたとしても相場の範囲内におさまることがほとんどです。
本当にがっぽり請求したいのであれば、最初から弁護士に依頼をすることが一番なのです。
また弁護士といっても専門分野によって離婚協議に長けていないこともありますので、きちんと離婚専門の弁護士を選ぶようにしましょう。

離婚協議はこんなに大変!

当時アメリカに住んでいた自分が恋愛で結婚し先ずはアメリカに入国させ現地の語学学校へ入学させ時間をおいてラスベガスで入籍しました。
彼女にとっては初めてのアメリカと言うこともあり、観光がてら出かける先は全てが恋愛真っ最中。
お互い婚姻関係と言うよりも恋愛真っ最中のカップルという言葉がしっくりくる状況でした。
それは生活感が当たり前に思える様な例えばスーパーでの買い物やたまに見に行く日本食材の店、それら全てが彼女にとっては新鮮でした。
その後、彼女が妊娠しちょうどその時に今度はタイへ行くことに成りました。
妊娠中は自分は東京、彼女は実家のある岡山でした。
その後タイへの赴任日がきて自分だけ先にバンコクへと向かいました。
その後数週間で子供が生まれ更に3ヶ月後に迎えに帰国。
久し振りに見る彼女と初めて抱く我が子に感動を今でも覚えています。
そしてバンコクでの生活がスタート。
しかし自分はある事に気がつきました。
お互いにとって子供は何よりも優先順位で生活をおくってましたが、彼女にとって新世界であるバンコクは子育てとの両立は負担が大きいはずと思い、自分自身も夜泣きの世話やミルク等、積極的に子育てに参加し負担を減らそうとバンコクならではのメイドまで雇ってました。
しかし彼女は何時までも一番大変だった出産時に居なかった事で自分を責めます。
そして子供が小学校4年生ぐらいから彼女とは恋愛では無く同居の感覚がよぎってきました。
その兆候としてアメリカでは何でも一緒にやっていたのが彼女の友人やその飲み会の話を一切しなくなりその後、子供の運動会に一緒に居なくなり遂には計画した旅行に来なくも成りました。
自分の頭の中には離婚なんて言葉は当時存在せず、お互い我慢もしているのだからと割り切って過ごしてきましたが自分が転職を行い、寝室を良く寝られないからと別にし1年が経った時の事。
彼女から離婚を言い出してきました。
その時は大喧嘩で絶対に別れないと言い放ち更に日本のサイトで自分の問題点も含め改善を専門家に相談もしました。
それを実践してましたが、更に1年後リーマンショックの影響で会社を諦め子供の中学に進学する時期で帰国を決意しました。
彼女と協議した結果、子供は自分が実家の方で育て自分は一人で実家に戻るという事に成りました。
その際、落ち着いてから離婚届を彼女が送る事に成ってました。
帰国後とにかく再就職を優先し本業では無いが再就職した後、裁判所に復縁協議の申し立てを行い数回彼女のいる裁判所へ出向きましたが全く取り合って貰えずその後彼女を子供に会わせる為、呼んだり子供を行かせたりしその後3年後、本業への復帰で単身大阪へ行くことに成りました。
子供の既に高2で実家の祖母といるので心配はしてましたが将来の事を決意し1ヶ月に1度は帰る生活を送ってましたがある不祥事に伴い離婚届けを自分から送りつけました。

千葉のハイクオリティー店舗型ヘルスで楽しく遊ぶ

お給料日に少し高級な風俗でちょっと女の子と遊びたいな~と思った時、千葉のハイクオリティー店舗型ヘルス店を利用するのは満足できますし、なかなか充実したサービスを受けることができるのでスッキリとしてリフレッシュすることができます。特に千葉のハイクオリティー店舗型ヘルス店はサービスが良いので定期的に利用するようにしています。たまに通っていると受付スタッフの方と仲良くなり、好みの女の子を伝えておくとメルマガなどで情報提供してくれるので、たまに時間がある時やお給料日後などは、千葉のハイクオリティー店舗型ヘルスを利用してリフレッシュするようにしています。

好みの女の子が入店するとすぐ連絡くれるので、ちょっと余裕がある時は、千葉のハイクオリティー店舗型ヘルスを利用してサービスを受けるようにしています。また千葉のハイクオリティー店舗型ヘルスは、ホームページを持っているので定期的に最新情報をアップして更新してますし、問い合わせもスムーズにウェブサイトからできるので、なかなか活用範囲も大きく利用しやすいので気に入っています。特に分かりやすいな~と感じたのは、システム料金など事前に確認でき、サーンビス時間やオプションなど具体的に記載があるので、初心者でも分かりやすい内容で記載されているので、お客様方が安心して利用できるようなサービスを提供していることがわかります。

利用する際に詳しい説明がないと、ちょっと使いわずらいですし、抵抗感ありますがホームページ上で色々確認できるので、千葉のハイクオリティー店舗型ヘルス店を利用する際にはホームページの有無をチェックしておきました。千葉のハイクオリティー店舗型ヘルス店では、まずサービスの流れを具体的に説明があり、あらかじめホームページ上で女の子を絞り込んでいくと予約を取ってスムーズにサービスを受けることができるので、なかなか充実した時間をストレス感じることなく遊ぶことができます。

予約した女の子が得意なプレイなどあらかじめ確認しておくと、色々と詳しい内容を教えてくれるので、安心感があります。初心者は時間を決めてサービスを受けた方がよいので、60分と時間を決めて行いまいた。千葉のハイクオリティー店舗型ヘルス店はとてもサービスが良いので、お客様方が安心して利用できるよう受付の対応も丁寧ですし、好みの女の子を伝えておくとお知らせメールをくれるので定期的に利用するのが楽しみの一つになりました。