慰謝料をがっぽりもらうための離婚テクニック

恋愛の末に至った結婚ですが、配偶者の不当な行為によって離婚を決めざるをえない場合があります。
例えば、配偶者が不倫恋愛をしていたり、DVやモラハラをしたり、理由もなくずっと家に帰ってこない、セックスレスであるなどです。
このような時、配偶者に対して慰謝料を請求したいと思うのは当然の心理でしょう。
基本的に離婚の慰謝料の相場は、100~300万円程度となっていますが、請求の仕方によっては、配偶者の不当行為に対して受けた精神的ショックに対しても正当な補償を受けることができ、高額な慰謝料をもらうことも可能です。
そのためのテクニックは客観的な証拠を用意することです。
不倫恋愛が原因の場合、配偶者もばれないように人目を避けていることから証拠が集めにくいのですが、社会一般常識から肉体関係があったことが証明できるような写真や動画を集めることが必要です。
例えば、配偶者と不倫相手がラブホテルに出入りするところや旅行先で同室で就寝したことを証明する写真や動画、肉体関係を推測できるようなメールなどがありますが、個人でこうした証拠を集めることが難しい場合は、興信所に依頼をしてみるのもよいでしょう。
また配偶者やその不倫相手が既に恋愛関係を認めているのであれば、それを書面化しておくのも一つの方法です。
次にDVやモラハラが原因の場合は、暴力によって怪我をしたときの診断書や写真、肉体的・精神的暴力を受けた日時や場所などを記録しておきましょう。
他にも配偶者が理由もなく家に帰ってこないのであれば、どこにどのくらい住んでいるのかが証明できる賃貸借契約書などが証拠となりますし、セックスレスの場合は、その悩みや就寝までの経緯を記した日記やメモなどが証拠となります。
離婚で慰謝料をがっぽりもらうためには、いかに配偶者が精神的ショックを与え続けていたかを示すことが重要ですので、このようにできる限りの証拠を集めることが大切なのです。
その上で大切なことは弁護士というプロの力を借りることです。
最初は配偶者と二人だけの話し合いで慰謝料の金額を決めようと考える方もいますが、これでは多くもらえたとしても相場の範囲内におさまることがほとんどです。
本当にがっぽり請求したいのであれば、最初から弁護士に依頼をすることが一番なのです。
また弁護士といっても専門分野によって離婚協議に長けていないこともありますので、きちんと離婚専門の弁護士を選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です