離婚裁判を回避!示談で解決するには

どんなに素敵な恋愛結婚をしたとしても、様々な理由によって離婚してしまうというケースはあります。
恋愛ならそこでお別れですが、結婚ではお別れでは済まず、相手方が一方的に悪い時には裁判になってしまう可能性になります。
離婚裁判になってしまうと、離婚理由が必要になったり、時間と費用がかかる、有責となってしまえば慰謝料を払う必要があるなどが考えられます。
また、恋愛では個々の財産はそのままですが、二人の共同資産があればそれを分与する必要があります。
裁判なしで離婚することは可能です。
これは夫婦で離婚に合意して、届けを役所に提出するだけで成立します。
円満に別れられれば良いのですが、子供がいる場合にはスムーズに別れるのは難しいかと思います。
示談の流れとしては、合意した後には子供がいる場合には親権の取り決めを行い、慰謝料や財産分与、養育費などの金銭の取り決めを行い、示談書の作為、届けの提出という流れになります。
ただし、DVやギャンブル癖など問題性が大きいと一刻も早く別れたい、というケースもあります。
そんな時には金銭面での条件をかなり譲歩させられてしまう可能性があります。
結婚相手に問題が大きいのに、金銭の補償もされないというのはおかしなことといえます。
しかし、相手から逃れたい一心で冷静に対処することが難しいということも多くです。
金銭面での補償ぐらいはしっかりしたい、冷静に判断できる余裕がないという場合には、弁護士に任せることをおすすめします。
弁護士に任せることによって相手方としっかり交渉することができ、裁判なく別れられることができるケースもあります。
また、相手と直接交渉しないことによって冷静に判断できる余裕も生まれる上、仕事や日常に集中できるというメリットも得られます。
示談金の相場は家庭内の状況などによって変わってきます。
示談金としては、慰謝料や財産分与、養育費も示談によって解決できます。
婚姻期間が長い時には年金分割も重要となる問題です。
不倫相手がいる場合には、慰謝料の請求や財産分与の対象となる資産の選別、住宅ローンの借金の清算など示談内容は家庭によって変わります。
金銭面は恋愛であればあまり関係のないことですが、結婚して別れるということは子供や建てた住宅、二人でためたお金など様々なことがつきまといます。
離婚後に困らないためにも示談内容はしっかりさせて、弁護士などに相談することなどが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です