ライバルよりも会う回数を増やすだけで勝率アップ!?

いわゆる美男美女の方々は本当にモテモテです。
異性から好かれる要素がとても多く、またイケメンや美人の人々は外見だけが良い等と世間一般ではよく言われていますが、実は内面も素敵な事が多いです。
そのため、本当に職場や学校内の美男美女の人々は競争率が高めです。
恋愛のライバルがとても多く、憧れの同級生や同僚、あるいは先輩にアタックしたいと思っていても、ライバルが多すぎて、きっと自分には高嶺の花なのだろう、と最初から諦めてしまいます。

確かに恋愛において、ライバルの数が多いことは大きなでマイナス要素です。
しかし、マイナス要素が多い程、恋愛は燃えるものです。
また美男美女とごく普通な自分が釣り合わないのでは、というネガティブな思考はやめましょう。
美男美女だから異性についても、美貌を求めるとは限りません。
事実として、イケメンの若手社長がごく一般的なOLの方と結婚したり、美人女優の方が少し変わった雰囲気のお笑い芸人の方と結婚するなど、俗にいうところの美女と野獣的なカップルは世の中には少なくありません。

ただし、学内や職場に恋愛のライバルがとても多いと、いくら陰ながら憧れを抱いても、なかなか恋愛成就のチャンスは訪れません。
ライバルが多い美男美女にアタックしたい、親密な関係になりたいと思っている方は戦略を練りましょう。
恋愛もスポーツのように作戦が大事です。
例えば、ライバルよりも会う回数を増やすだけで勝率がアップするテクニックがあります。

人は日常的に会う人物に対して、無意識的に好意を抱く、という心理現象を持っています。
そのため、普段から学内や職場で自然な形であいさつを交わしたり、特に用事がなくても雑談を持ちかけるようにすれば、ナチュラルな雰囲気で意中の相手にPRしていけます。
親しみを感じる異性が、毎日笑顔で接してくれる、このシチュエーションを上手く作り出せば、恋愛の勝率はグーンとアップします。

ポイントはあくまで自然体でする事です。
単純に毎日会うだけでも効果がありますので、無理にデートに誘ったり、突然連絡先を聞き出すよりも、違和感なく相手に好印象を与えられます。
がつがつしたイメージが付かない、という利点もあります。
他の人々ががつがつした姿勢でアプローチをかけている中、自分だけがただ毎日自然体で会い、雑談を交わす程度、しかし会う回数はしっかりと増やす、という作戦を続けていれば、無意識的に自分の存在をポジティブにアピール出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です