彼の両親顔合わせの段取りが悪くてヒヤヒヤ

恋愛関係にあった男女がお互いに「生涯の伴侶はこの人しかいない」と感じたならば、結婚へと向かいます。
そうとなったら結婚式はどうしようか、新婚旅行はどこに行こうか、新居は、と結婚準備に関して考える事は山積みです。
ですが、その前にやらなくてはならない大きな大きな関門があります。
それは両家の顔合わせです。
恋愛関係にあった頃からお互いの両親には紹介していた、という場合もあるでしょうが、その場合でもお互いの両親同士も既に顔を合わせているというケースは多くは無いでしょう。
結婚は勿論当事者二人の意思が一番大事ですが、恋愛と違って二人だけの問題ではありません。
お互いの家族が親戚になるという意味も持ちます。
そのため、結婚を決めた男女が必ず乗り越えなければならないのが両家の顔合わせという関門なのです。
世間では、男性側の家族が女性側へと出向くという場合が多いようですが、自宅で行うのは気を遣うため、ホテルやレストランで行う事も多々あります。
結婚が決まった二人は早く顔合わせを済ませて、結婚式などの結婚準備に取り掛かりたいでしょう。
いつにしようか、場所はどこにしようか、と二人は色々すぐにでも決めたいはずです。
この場合でも主導権を握るのは多くは男性側の両親ですが、すぐに日時や場所を決めて段取りを整えてくれるようであれば何の問題もありません。
困るのが、のんびりしているのか面倒臭いのか分かりませんが、なかなか段取りをつけてくれようとしない場合です。
お互いの家族の予定もあるし、早く日時だけでも提示してくれたら良いのに、と困る女性は少なくありません。
その場合は、男性側から段取りをつけてもらう事をきっぱり諦めましょう。
ここで段取りをつけてもらう事をいつまでも待っているのは時間の無駄です。
女性側から日時や、顔合わせの場所、自宅外であればホテルやレストランの候補まで見つけて男性側に提示しましょう。
段取りが悪い家族がするよりきっとその方が問題も無く進みますし、何より女性のストレスもありません。
男性側も段取りをしてくれて助かったと思うことでしょう。
結婚は恋愛と違って、お互いの両親や家族、親戚まで関わって来ることに難しさもあります。
ですが大好きな人と結婚してこれから家庭を築いていくわけですから、最初の関門である顔合わせでくじける訳にはいきません。
結婚の先には幸せな事だけではなく、困難な事もたくさん待ち受けています。
そんな時はこのように自分からどんどん主導権を握って立ち向かって行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です