相手の親の口出しがうるさい!舅・姑との戦争

結婚をした後は、お互いに一つ屋根の下で生活することになります。
夫婦だけの新居を構える人もいれば、両親と同居する人もいるでしょう。
その場合、相手の親が細かなことに口出しすることがよくありますね。
ドラマなどでも、姑が嫁に嫌味や小言などを言うシーンが多いです。
ドラマなどでは、既に結婚している夫婦の嫁と姑が論争を交わしているシーンがよく見られますが、現実には結婚準備の段階で口出しする舅や姑もいます。
付き合い始めて間もない頃は、かなり恋愛に浸っているため、結婚に関する話をするとポジティブな話題ばかりになることが多いです。
素敵なウェディングドレスを着ることや、オシャレなチャペルで挙式をすることなどを話し合いながら過ごします。
しかし、恋愛関係もだいぶ落ち着いてくると、もっと具体的な形で結婚式のことを考えるようになるでしょう。
披露宴に招待する人や引き出物のことなどを決めることになります。
新郎新婦で話し合って決めるのがいいですが、舅や姑が口出ししてきてうるさいことも少なくありません。
彼氏との恋愛は上手く行っていても、いざ結婚するとなると、相手の両親との関係が上手く行かなくて困る人が多いです。
しかし、結婚準備の段階で舅や姑に嫌われることはできるだけ避けた方が無難です。
特に新婦が相手の親に対して反抗的な態度をとると、今後長期間にわたって険悪な関係になってしまうこともあります。
少しうるさいと感じていても、結婚準備の段階では、舅や姑に従う素振りを見せておくのが賢明でしょう。
結婚準備の段階で舅や姑と言い合ってしまうような場合には、結婚後も頻繁に激しい論争を繰り広げることになります。
なるべく平和に過ごしたいのであれば、あまり争う姿勢は見せない方が賢明でしょう。
どうしても、意見が合わない場合には、新郎を通じて伝えるのがいいです。
新郎にとっては実の両親であるため、不満などを伝えるのは特に難しいことではありません。
そして、結婚準備をしている最中には、舅や姑と顔を合わせる機会が多いですが、意見が食い違う場合でも、挨拶を欠かさないようにすることが大切です。
多少意見の食い違いがあっても、笑顔で挨拶をする人であれば、それほど嫌われません。
息子が大恋愛の末に結婚を決めた相手ということで、意見を尊重してもらえることもあります。
結婚後も舅や姑と良好な関係を保って行くためには、結婚準備のときのやり取りが特に大事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です